Official Blog

  • 2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

富山フェア展示品Vol.1 「城端しけ絹」(ストール・御祝儀袋・テーブルクロス)

2016/11/14

フェア期間中は館内に富山県の民芸・工芸品を展示しております。
今回ご紹介するのは、富山県南砺市城端の「城端しけ絹」です。

戦国時代末期より絹織物産業が盛んな地域・富山県南砺市で
約430年の歴史がある城端しけ絹を松井機業は
今もなお富山県南砺市城端に残る城端しけ絹の老舗絹織物機業です。

通常一頭の蚕がひとつの繭を作るのですが、ごく稀に二頭の蚕が力を合わせて
協同で一つの大きな繭玉を創り出し、その繭で織り上げたのが「しけ絹」で、
太さが不均一な糸で織り上げられたしけ絹は、二頭の蚕が創る芸術作品です。

その美しい芸術作品を三点展示しております。

富山県の県花チューリップが可愛く色鮮やかにプリントされた肌触り心地のよく、
高い保温性・通気性・吸湿性・放湿性に優れ、夏は涼しくさわやかに、冬は温かい「ストール」
IMG_4676_1

その美しい城端しけ絹の風合いを生かし、新たな楽しみ方と一つとして作られた
二頭のカイコの愛で包まれた「御祝儀袋」

IMG_4679_1

二頭の蚕が創った奇跡の糸を織り上げたしけ絹の白色と
繭から生糸を紡ぐ際、一番最初にとれる極太の繊維「キビソ」を富山の渋柿で染色した灰色の生地を
交互に織り上げられた「テーブルクロス」

 

レストランブラッスリーローリエのテラス席に「テーブルクロス」
宴会予約サロンに「ストール」と「御祝儀袋」を展示しておりますのでご覧ください。

展示期間:2016/10/01~11/30

 

 

 

Blog一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

© Hotel Metropolitan Takasaki All Rights Reserved.

ご宿泊予約