Official Blog

  • 2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

岩手フェア展示品「秀衡塗」

2015/09/08

フェア期間中館内に岩手県の工芸品を展示しております。
今回ご紹介するのは、岩手県盛岡市、奥州市、平泉町などで作られている
伝統工芸品「秀衡塗」

秀衡塗は、平安時代末期、奥州平泉に絢爛たる文化をもたらした藤原秀衡が
京より職人を招来し、この地方特産の良質な漆と金をふんだんに使い、
「器」を 造らせたのが始まりとされています。

幾多の歴史の変遷・興亡の中にあって、この土地の工人達によって造り継がれ、
昭和60年、伝統工芸品の指定も受け、歴史と伝統の中にその「技」と「美」は
今も脈々と受け継がれています。

秀衡塗は、菱形の金箔を使い漆絵でデザイン化した草花を描く秀衡文様が特徴で、
素朴ながら華麗な味わいを見せます。
堅牢な本堅地下地を用い、加飾は当時に伝わる時代椀である「秀衡椀」を模範に
有職菱文様が描かれます。
この地方は、漆と金の特産の地でもあったことから、金箔を用いた造りが受け継がれ、
朱と黒と金の基調の中に春秋草花紋が配された、光沢を抑えた仕上が漆本来の美しい艶を味わうことができ、
使う人の心をなごませてくれます。

朱と黒と金の基調の中に 配された春秋草花紋と、ふっくらと手になじむ形体は、
現代の生活にも調和して使う人の心をなごませる秀衡塗は
レストラン ブラッスリーローリエのテラス席に展示しておりますので、是非ご覧ください。

IMG_2677

Blog一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

© Hotel Metropolitan Takasaki All Rights Reserved.

ご宿泊予約