Official Blog

  • 2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

福島フェア展示品Vol.5 「会津漆器(会津塗文庫、会津塗ガラスぐいのみ)」

2016/04/30

フェア期間中は館内に福島県の民芸・工芸品も展示しております。
今回ご紹介するのは、福島県会津若松市の工芸品「会津漆器(会津塗文庫、会津塗ガラスぐいのみ)」

会津の地に本格的に漆工芸が根付いたのは、天正18年(1590年)、
豊臣秀吉の命を受けて会津の領主となった蒲生氏郷公が、産業として漆工芸を
奨励したことによります。
氏郷公は、前の領地であった日野(滋賀県)から木地師や塗師を呼び寄せて、
先端技術を伝承させました。
これによって会津塗の技術は、飛躍的な進歩を遂げ、漆の栽培から加飾までを
一貫して手がける全国でも主要な漆器産地となりました。
400年という時を超えて生き抜いてきた伝統の技の上に、
常に最新技術を積極的に取り入れてきた会津漆器は、現在まで成長を続けています。

会津漆器は、塗り面が丈夫で美しくぬくもりと落ちつきのある光沢があり、
漆の持つ保湿性からしっとりした感じに仕上がるのが特徴です。
卓越した職人の手による器や盆は、芸術品としても高く評価されています。

漆の特性である接着性を応用した「蒔絵」という技法を使い、漆で文様を描き、
乾かないうちに金、銀などの金属粉や、朱、黄などの 色粉を蒔いて文様を描き出された
「会津塗文庫」はホテルメインエントランスに展示しております。

IMG_9810

ガラス蒔絵という内側に逆絵を描き、表側から見た時に正常な絵に見せる非常に高度な技術を駆使し、
手作りならではの温もりを感じます。黒ぼかしぐいのみと赤ぼかしぐいのみをペアで
レストラン ブラッスリーローリエのテラス席に展示しております。

IMG_0576

美しく鮮やかな会津漆器を是非ご覧ください。

展示期間:2016/04/01~05/31

 

 

Blog一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

© Hotel Metropolitan Takasaki All Rights Reserved.

ご宿泊予約